高齢レッサーパンダ「次郎」、熱中症で死ぬ…

千葉・市川市
8月22日12時22分配信 読売新聞


千葉県市川市大町の市動植物園で、オスのレッサーパンダ「次郎」(17歳)が熱中症で死んでいたことがわかった。
同園によると、次郎は今月16日昼ごろ、野外飼育場でよだれを流して倒れているのを飼育員が発見。室温24度に保った獣舎で手当てを受けていたが、17日朝、死亡した。獣医師が解剖したところ、熱中症に特有の肺の出血が見られたという。


可哀相ですね。防げる手立てはなかったのでしょうか?
今年も1件、おそらく熱中症と思われるうさちゃんが他界しました。
小柄で可愛いオレンジのND。ちょっと前にお店にも遊びにきたばかりでした。

夏場に体調を崩すうさぎは多いです。温度管理は絶対行ってください。
以下熱中症に対する基礎知識です。

*うさぎが熱中症を起こす可能性

?ケージが高温・多湿の場所にある
?長時間の運動
?炎天下の野外に連れ出した

などの条件で急に調子を崩した場合熱中症を疑って下さい。

熱中症の症状

?苦しそうな開口呼吸
?目や口の粘膜の充血
?体温が異常に熱く感じる
?意識障害、嘔吐や痙攣がみられる。
?血圧が低下し、ショック状態に陥る。
?酷い下痢をしている

飼い主さんのあなたが頼りです


うさぎのブリーダーさんは女性が多い?気がします。国内でもトップブリーダーさんの多くは女性ですね〜。ミックパパは色んなブリーダーさんとお会いしました。国内はもちろんアメリカでも多くの方とお話しました。今ミックパパが会ってみたいブリーダーはこの人。1984年発行のRabbitsという本の表紙に載っている当時ユースだった女の子。うさぎはカリフォルニアンでしょうか。サーファーカット(聖子ちゃんカット)がめちゃ可愛いです。


ミックパパはうさぎの勉強を兼ねて毎年アイオワのジャッジの家にホームステイします。そして「IOWA」と書かれたTシャツやグッズを必ず買うのですが。

先日久しぶりに古着屋巡りで心斎橋へ行きました。そこで見たものがこれ。
大阪みやげのお店らしくコテコテなものがいっぱい売ってました。

「IOWAロゴTシャツ感覚???」


微妙な気持ちで帰路につきました。。。


テスト中のラビットフードを与えた結果がこれ。すごい数珠繋ぎのフンでしょ。
こりゃ本物でっせ。。。年末?頃発売予定です。。。


もう「うさぎと暮らす」は読みましたか?中を見ると大阪で開催予定のイベントのお知らせが載っています。5店舗による業界初、共同開催イベントなのです。コンセプトは「関西のうさぎ業界を盛り上げよう」。

以前大阪でうさぎのイベントが行われたのは約5年前。ARBA OSAKA RABBIT CLUB主催のラビットショーでした。今年7月にはうさぎSUMMIT。

お客様やうさオーナーさんの要請を受けて各ショップオーナーさんとミーティングを重ねてきました。そしてやっと開催の目処が立ちました。

ところでこの5店舗の共通点が解りますか?

「うさぎが可哀相な商売をしない」

この一言でしょうか?
ラビットフードのリパック販売やうさんぽなど飼い主さんが喜ぶ事を重視した商売が出来ないお店ばっかりなんです。

ミックパパ的には吹○のWさんにも声を掛けたかったんだけどね。。。

とにかく楽しい企画がいっぱいです。みんな遊びに来てね。。。

Enjoy Rabbit Life http://enjoyrabbit.com/


TV局よりうさんぽ取材の依頼がありました。リスクを説明し丁重にお断りしました。が陣内君には会いたかった。。。


それはさておき、ミックパパは幾つになってもある言葉を聞くと心が熱くなります。
その言葉とは、、、

『待てぃ! ショッカー!!!』


ミックパパと同世代の男性は皆同じなハズです。
小学生の頃、リアルタイムで見ていました。
男子の圧倒的人気のヒーローです。
V3が登場した瞬間の気持ちは未だに忘れません。
そのヒーローが東三国にも帰ってきてくれました。

甦ったヒーローはいつもいつもは勝ってくれません。。。
でもドキドキを求めて今日もミックパパは彷徨うのでした。


うさんぽ。  楽しそうだよね。。。
だけどうさぎんぽって良い事だと思いますか?  

ここ2〜3日質問の電話が増えました。
原因はマスコミで紹介されたとか。
よりによって夏場に記事にするなんて。。。
ネタ欲しさなんでしょうか?配慮して欲しいです。

散歩は飼い犬犬には大事な行為です!

うさんぽはねぇ〜??????????????????

虐待行為!

に近いと思っています。

うさぎは広い空が怖いのって知っていますか?

もちろん移動が平気で走るのが大好きなうさちゃんもいっぱいいます。
飼い主さんが公園や河川敷などで時季、時間、環境を考えて行くなら何も言いません。
だけど体調を崩したり病院死んじゃった撃沈うさちゃんの飼い主さんから問い合わせがあるのも事実なんです。

リスクを侵してまでのうさんぽは専門店の立場から率先して賛同できる事ではありません。

じっくり考えてください。
決して飼い主さんのエゴにならない様にお願いします。。。

 


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM