唐突ですがみなさん。

『トュリアンタ』

って種類のうさぎ、知っていますか?

まぁ〜簡単に言えば小さめの「赤いフレミッシュ?」みたいなうさぎです。
これがすんごく可愛いのです。

これはミシガンでの話です。
トュリアンタのナショナルクラブの会長は知り合いの「グレン」さん。
2年ぶりの再会を果たそうとこのトュリアンタのブースを
訪ねた時の事です。

そこにグレンさんの姿は無かったのですが代わりに知った顔がありました。

「Breeds of the World」

という分厚い本の執筆者「ボブ」さんです。
このボブさんも偶然知り合いになって仲良くさせてもらってたんで大喜び。

ミックママと3人で再会を喜んでいる所へ1人の女性が。
なんとその女性は数年前に埼玉で行われたラビットショーにジャッジとして来日した「キャロル」さんでした。
彼女はミックママの事をしっかりと覚えていました。
何故ならミックママは当時主催クラブのメンバーでリマークをやったんです。 
不思議な縁を感じながら4人で盛り上がりました。

そしてボブさんとキャロルさんが一言。

『メンバーに入りなさい』

日本人は誰も入ってないからあなたが初めての日本人メンバーだ 
という甘い言葉にそそられて入っちゃいました。
メンバーに。 
(ちなみにグレンさんを含めたこの3人がクラブの責任者です)

でも飼ってないんです。トュリアンタ。。。
その後グレンさんにお願いして来年ペアを購入する事が決まりました。

上手いのか甘いのか解りませんが
こうやってまた品種が増えていくミックパパでした。。。

次号の特集企画が「うさんぽ」らしい。

「またか」

って感じです。
ネタ不足で安易な企画に走ってる様な気がしてなりません。

今年はうさぎが「プチブーム」でTVやネットなどで盛んに
取り上げられてきました。
内容は「うさんぽ」がほとんど。
その結果、不幸な「捨てうさぎ」が増えました。

先日保護活動をされている方と話す機会がありました。
同じような考えでむやみにTVなどで話題にして欲しくないようでした。
私より事態を真剣に考えています。

さて今回、何処まで掘り下げて記事にしてくれる事でしょう?

ハーネスやキャリーなどどうでもいいのです。
柄や生地が違うだけで大差ありません。

うさぎを遊ばせる公園が行う芝の管理方法、公園の土壌など
専門的な目から切り込んで欲しいものです。

生草が蓄える成分を考えた事がありますか?

私は公園に生えている草を自分のうさぎに食べてほしくはありません。。


慣れているうさちゃんにとってうさんぽは楽しい遊びでしょう
しかし楽しい事と同じ様に、デメリットもキチンと書いてください。

うさぎのバイブル的な本です。
責任は大きいですよ。
けしてうさんぽを煽らないで下さいね。

編集長さん。。。








フレミッシュのピーター君(4ヶ月)がやって来ました。

爪きりです。

イメージで言うと

「爪きり」  ではありません。

あくまでも

「爪きり」です。

解ってもらえたでしょうか?



昨日は来年のE.R.L開催に向けてミーティングがありました。
いや、あったはずです。
でも送られてきた写真はコレ。
お土産まで買って何か楽しそう!

あんたら仕事やんな?

お店が出来て8年半。
一体何羽のうさちゃんをお譲りしたことでしょう?

良く来店される飼い主さん。
来なくなった飼い主さん。。
みんな元気でいるのでしょうか?

最近よく写真を頂きます。
可愛がって貰えているのが確認できてホッとするひとときです。


ミントちゃん。


もんちゃん。


捨てうさの彼女。
昨日、ある場所へと保護場所を移動しました。
数日のうちに健康診断を終え、無事里親さんに引き渡される予定です。

不幸だった分まで幸せになって欲しいなぁ〜。


ミシガンで行われたコンベンションで見かけた女の子とうさちゃん。
信じられないほど大人しく乗っていました。
勿論会場では注目の的。
最近は横浜も大盛況みたいだしネ。。。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM